旧藏内邸

手指消毒
換気
マスク着用
人との距離の確保
除菌・消毒
検温

伝統建築の壮観を伝える炭鉱王の邸宅 

田園風景の中に堂々と佇む建造物と庭園は、明治から昭和初期まで炭鉱王として名を馳せた藏内家の邸宅です。大理石の浴室、屋久杉と黒柿を市松模様に配した天井、壁紙に金唐革紙を使った仏間など良材をふんだんに使用。全国でも貴重な近代和風建築です。部屋からは山並みの眺望とともに、鑑賞できます。静寂さに包まれた空間で、日本建築の粋を堪能できます。