小石原焼 鶴見窯

陶芸体験
手指消毒
換気
手洗い
マスク着用
人との距離の確保

民藝品の中に宿る美 土の温もりを体感

古くから生活に根ざした「用の美」を追求し続けている小石原焼。ロクロを回しながら土を削っていく技法によって作られる独特の模様が特徴です。その伝統の技を生かしながら、現代のライフスタイルにマッチする器を作陶するのが鶴見窯二代目の和田義弘氏。ドットの飛び鉋(かんな)の模様を渦巻きやボーダー柄と重ねた器は、全国各地からオーダーがくるほどの人気。また多くの方に土に触れる楽しさや、手の中で広がる世界を感じてもらおうと陶芸体験を実施しています。