立花氏庭園 / 立花家史料館

手指消毒
換気
手洗い
マスク着用
人との距離の確保
除菌・消毒
検温

柳川藩の繁栄の歴史を物語る立花邸「御花」

江戸時代、柳川藩主立花家の別邸だったこの敷地は、かつて「御花畠」と言われていたことから、人々は「御花」と呼び親しんだそうです。 迎賓館として建てられた鹿鳴館様式の「西洋館」、国の名勝に指定された池庭「松濤園」、庭を臨む100畳の「大広間」と、普段味わうことのない華やかな大名文化に魅了されます。また史料館は、400年の時を超えて伝わる立花家の美術工芸品を収蔵。国宝1件、重要文化財3件を含む約3万点の貴重な歴史資料が展示されています。当時の立花家の栄華を今に伝承しています。