清水寺

本坊寺庭園
マスク着用
人との距離の確保

歴史と自然が織りなす優美な景勝地

清水寺は、唐から帰朝した最澄(伝教大師)が千手観音像を自刻して創建したと伝わる天台宗のお寺。庭園は、室町時代の画僧・雪舟が、中国で学んだ山水技術をもとに築庭されたと伝えられており、国指定名勝です。庭石の配置、植え込み、池に注ぐ暖、滝など自然と人工美が調和され、四季折々に趣があります。特に紅葉の時期に真っ赤に染まるイロハカエデの美しさは見事で、県内でも有数の紅葉狩りスポットとなっています。